private_salon_edgeのブログ

英会話レッスン&ネイルサロン

教えない-子供英会話編-

f:id:private_salon_edge:20170726171655j:image

こんにちは。英会話サロンedgeのKANAMIです。写真は私がカナダの幼稚園に実習に行ったときの子供達やその親御さん達がみる自己紹介文です(^^)写真自体は約10年前くらいのものです(笑)

こちらのMontessori Bee Houseでは有名なモンテッソリ教育という教育法を学ばせていただきました。

 

モンテッソリ教育では、教師は子供達に英語(カナダなのでフランス語も)を教えることはしません。自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる子供たちに対し、私達教師は、その要求を汲み取り、何を学ぶか、どんな風に学ぶかの自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助するのです。

 

子供達はみーんな、教師が強要せずとも、自分たちで教材を選び自らで集中して学習に取り組みます。

 

今回は子供英会話編です。

 

子供に英語を学ばせるにあたってまず第1に重要なこと。それは、

 

-子供のハートに火をつけてあげること。

 

自立した学習とは子供が勝手にやる気になることです。そのために、好きなことや彼らにしかできないことを、ほんの1ミリでも掴みとることができたらそれを思い切りサポートしてあげましょう!

リアクション、かなり重要です。

私は子供英会話講師時代、終始女優スイッチを入れていました。

"Oh my god!!!!!!"

"amazing!!!"

"I love it!!!"

"You did it!!!"   などなど...

褒め言葉はふんだんに使いましょう!

惜しみなく!!目を見開いてニコニコ笑顔で何万回言ったかなって感じですが、、子供たちは私の顔を見てとってもとっても嬉しそうに学習教材をどんどん黙々と自主的に進めていくのです。

 

そして次に

 

-文法はやらない

 

幼い子供の英語学習において、文法はむしろ邪魔になります。ここで大切なのは、

「暗記」 「音読」です。

英文は、文法や構文などを考えずに丸暗記します。とにかくたくさんの英語に触れさせてあげて英語を頭の中にインプットです。子供たちはそれが文法だと知らずに自然に覚えられるのです。

 

-和訳はしない。英語力の邪魔になるだけ

 

私たちが小学生の頃から英語を学んできたやり方は、文法というガチガチのルールにはめ込みそれを訳すことで、よし、でした。

でもこれは「英語力」のみを伸ばす上の話では大きな間違いになります。

小学校英語の目的は主に、自分で考える力や生きる力を伸ばすためのもので、そこで英語はツールとしてのみ使われているだけ)

 

英文はざっくり意味がわかればそれでOK。

英語を英語で理解できる力を伸ばしてあげましょう。

 

次に大切なこと、それは

 

-教えない

 

です。

テストもしない。復習もしない。

教えることはマイナスになります。ここで大切なのは大量の暗記と音読、のみです。

 

間違えていても、指摘せず、とにかく先へ。達成感や、自信を持つことを重視してあげましょう(^^)あとは、愛され感、です(^^)♪

 

とにかく英語は教えないでください。愛をもってサポートし、子供たちのやる気や学習を楽しむ力を引き出してあげましょう(^^)♪

 

PRIVATE SALON edge ------ KANAMI

 

ご予約・お問い合わせ↓

edge (@private_salon_edge) • Instagram photos and videos