private_salon_edgeのブログ

英会話レッスン&ネイルサロン

英会話教室の上手な選び方

f:id:private_salon_edge:20170713012733j:plain

はじめまして。

ネイル&英会話

プライベートサロンedgeの

代表-KANAMIです。

 

皆さん、数ある英会話教室の中でどこに決めればいいか迷ったり、自分の趣旨と違うところを選んで失敗したり、結果思うように話せなかった経験はございませんか?

 

結論から言いますと、選ぶポイントはその人の英語力、年齢、住む場所、金銭面、目標によって様々で、これといって正解はありません。

 

ですが、どんな教室に通うにもその前にやっておくと確実に英語力が変わるトレーニング法があります。

 

スポーツで例えると、

ゴルフや野球、サッカー。もちろん技術やテクニックやルールを学びひたすら練習します。

これらは英会話でいう単語力・文法・読解力・リスニング力....などですね。

 

しかし同時に筋トレや体幹を鍛えるトレーニングも欠かせませんよね?特にゴルフなどはテクニックもそうですが体幹を鍛えるとぐんと飛距離が伸びるなど、聞いたことがありますね。

 

 

そこで今回1つだけ皆さんにご紹介したいのが、-フォニックス-phonicsです。

これが、いわゆる筋トレや体幹トレーニング、にあたる部分です。

 

フォニックスとは:

 

つづり字と発音との関係を重視した教授法,また発音とつづりの練習

 

のことです。"発音学・音声学"ですね。

 

私はこれを「体幹英語」と呼んでいます。

 

体幹英語をしっかり身につけた人とそうでない人の英会話力は歴然です。

 

実はネイティブスピーカーの意見としては、

文法や単語力があまりなくても体幹英語がしっかりしている方と、

完璧な文法力・豊富なボキャブラリーを持っているが体幹(発音)が弱い方

を比べると

前者のほうが会話上心地良いといった意見もあります。

 

もちろん両者が揃えば怖いものなしですよね!

 

残念なことに、英語を第1言語とする外国人講師は、体幹英語を教えることができません。なぜなら、われわれ日本人にとって「か」は理屈なしで「か」ですよね?それと同じようにネイティブにとって「th」は「th」なんですね。理屈で説明ができないんです。

 

しかし数ある英会話教室。大半が外国人講師で成り立っていますね。それはもちろんネイティブが英語を教えるにこしたことはありません!が、そこには英会話業界の仕掛けもあります。

それは、"説得力"です。

教室に外国人を置いておく方が説得力が増すのが事実です。

 

日本人に多い傾向は、

 

・外国人がいたら安心→英語が上手くなる。(自分がその英語に近づけるような気がして)

 

・英語を話せるようになりたい!→まずは留学!

 

↑この様な考え方の癖があります。

 

もちろん全てが間違っているわけではないし実際、ある程度の英語力を身につけることができれば、外国人講師から学ぶのが1番なんです。

 

しかし正直なところ、初心者にとって、英語を英語で理解するよりも、(留学などがそうですね)英語は日本語で理解するほうが実は効率がいいのです。

 

⚠︎ 大人の脳みそ限定での話です!!子供はまた別です!子供英会話に関してはまた別に記事を書きますね。⚠︎

 

この様な知識を知らないまま、英会話教室を選ばれる皆さんは丸腰でそのまま外国人の方と話しにいくので、そりゃ挫折経験や失敗談が増えますね( ; ; )せっかくなのに効率が悪いです( ; ; )そしてお金や時間も勿体無いですね!(>_<)

 

悲しかな、今のところフォニックスに特化したレッスンをする講師又は教室は少ないように思います。少ないとゆうか注目されてない??

 

英会話サロンedge(エッジ)では、「体幹英語」重視のレッスンをします。そして生徒を繋げたいがためのコース設定などは一切ありません(^^)学んだら自己判断で即終了です(^^)レッスンは単発です(^^)気楽です♪

 

長くなりましたが、タイトルの「英会話教室の上手な選び方」のまとめとしては、、

 

体幹英語レッスン後に英語発話時に対する自信をつけて頂いて(←これがとても重要!)、他の英会話教室で外国人講師の方と存分に実際の英会話、で効率良く相乗効果!!です(^^)♪

 

急に宣伝ねじ込んだみたいになりましたが、日本の皆さんの英語力がもっと伸びるのを切実に願います(^^)♪

 

一緒に楽しみましょう♪

 

もっと書きたいことたくさん!笑

これから英会話関連の記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします(^^)♪

 

Instagram(インスタグラム):

https://www.instagram.com/private_salon_edge/

 

PRIVATE SALON edge-----KANAMI