EDGY VIOLETのブログ

英会話レッスン&ネイルサロン

英会話レッスンは只今お休みさせて頂いております。

マンツーマンレッスンに関しましては只今お休みさせて頂いております。

 

ブログに英会話情報をのせていくつもりですので、ご興味がある方は是非そちらもご覧になってください(^^)

 

よろしくお願いします。

ネイルのご予約

只今、土日祝のみご予約受付中です。

 

ネイル料金

 

Simple ¥3,500

 

Design ¥8,000

 

 ( Foot + ¥500 )

 

場所

 

JR難波駅 / 御堂筋線なんば駅から

徒歩5分。

浪速消防署の横のマンションです。

 

ご予約はInstagramから。

メール・電話・DMで。

https://www.instagram.com/edgy_violet/

 

よろしくお願いいたします(^^)

元気な女の子が生まれました。

2017年10月28日

無事、元気な女の子を出産致しました。

 

ブログの更新がなかなかできず、英会話のお仕事もお休みを頂いておりました。

 

もうはや8カ月経ちますが、今のところ土日祝日のみ、ネイルサロンだけは再開できそうですので始めました!

 

色々な変更がありますので、ここに書いておきたいと思います。

 

ネイル料金

Simple ¥3,500

 

Design ¥8,000

( Foot  +¥500 )

 

デザインし放題の、シンプルな価格にしております。¥8,000を超えることはございません。

※フットは最大¥8,500になります。

 

 

母親になりましたが、これからも色々なことに挑戦していきたいと思っております。

 

今後ともよろしくお願い致します!!

 

ご予約は

https://www.instagram.com/edgy_violet/

 

こちらInstagramのアカウントに

ダイレクトメッセージをお願いします。

ご質問やお問い合わせなんでも結構です!

 

ご予約の際は、お名前と希望の日時を記載の上メッセージをください(^^)

幼少期からの幼児英会話教育の重要性と理由

f:id:private_salon_edge:20170822153303j:image

こんにちは。

 

いきなりですが、世界各国と比べて日本人の英語力は...

TOEIC  -  48ヶ国中 40位

TOEFL  iBT  -  30ヶ国中 26位

 

となっています。

 

このような結果の理由の1つは、

他国言語と比べ英語と日本語はあらゆるポイントにおいて、違いすぎるからなんです( ; ; )

頭悪いとかじゃありません( ; ; )笑

 

1973年に「外国語の研修成果と学習時間に関する資料」で以下のように外国語の難易度とそれぞれにおける「日常生活に困らないレベルの語学習得にかかる時間」をまとめています。

 

グループ1:英語と似た言語(ドイツ語・フランス語など)・・・480時間


グループ2:英語とやや異なる言語(ギリシャ語・ヒンズー語など)・・・720時間


グループ3:英語とかなり異なる言語(ロシア語・トルコ語など)・・・1320時間


グループ4:英語と全く異なる言語(日本語・中国語・朝鮮語アラビア語の4言語)・・・2400~2760時間

 

参照元:Foreign Service Institute「外国語の研修成果と学習時間に関する資料(1973年)」

 

要するに...


「超優秀なアメリカ人」が
「ドイツ語を日常生活レベル程度に習得する」には
「480時間」しかかかりませんが、

 

「日本語」の場合は、少なくとも


「およそ6倍の2400時間」かかってしまう、


ということになります!!


この時点で、日本人が抱えるハンデがどれだけ大きいかということが分かるかと思います。


一方で、日本での英語教育では、小中高大学の間でトータル1000時間にも達しません...

 

もし、アメリカ人が日本語を学ぶのと同様に、日本人が英語を学ぶことも大変だということが言えるのであれば、小中高大学での授業以外に、単純計算で1500時間ほどの英語学習を行わなくてはならない計算になりますね。

 

日本の現在の教育制度で、この時間をどのようにして確保するのか??

 

というところで、
この時間を確保するためにも、幼少期からの幼児英語教育が大事となってくるわけです(>_<)

 

ヨーロッパの人が羨ましいですよね(笑)

 

しかし、幼少期の英語学習能力とは、大人とは異なります。

 

前回の記事で少しだけ触れましたが、

教えない-子供英会話編- - EDGY VIOLETのブログ

 

「英語耳」「英語脳」を育てるために英語をたくさん聞かせてあげるだけでもいいんです。

 

ところで英語のバックグラウンドがしっかり備わっていない親が子供に英語を教えることの危険性←おおげさ(笑)も危惧されています。言い方すいません(笑)

 

それについてはまた書いていきます(^^)♫

 

https://www.instagram.com/edgy_violet/

英単語の覚え方

f:id:private_salon_edge:20170726184152j:image

今回は、英単語の覚え方について具体的に説明していきたいと思います。

 

ここでは、分かりやすくまとめて3つにしてみました。

 

1、音声に合わせて音読する

口と耳で覚えましょう。自分の口で言うことで、音声と自分の声、ダブルで耳に入ってきますので、耳で覚える機会を増やすことができます。

注意点は、間違った発音で覚えないこと⚠︎間違った発音で癖づいてしまいますし、また、せっかく覚えても本物を聞いたときに聞き取れなくなります。

 

2、書かない。

目で覚えます。綴りをわざわざ書き写して単語を覚える方法は、非効率な上に手が疲れるだけで時間の無駄です。

できれば音声を聞きながら、口・耳・目の3つの角度から単語をインプットしていきましょう。

 

3、自分の好きな映画を英語音声、英語字幕にし、でてきた分からない英単語をその場で調べ、場面とリンクさせて覚える(⚠︎字幕も英語で⚠︎ 日本語字幕にすると意味が分かってしまうので自分で調べない。→自分で調べないと覚えない。あと、日本語字幕は場面に合わせて意訳している場合が多いので間違えた覚え方をしてしまう。)

 

好きな映画など、ずっと見ている海外ドラマなどがあれば、3番はとってもお勧めです。この覚え方をすると難しい単語もすんなり覚えられ、なおかつ場面とくっつけと覚えてしまっているので1、2のような単調な覚え方よりは記憶が定着します。

 

是非お試しください(^^)

 

とにかく書いてスペルを覚えることは忘れて口・耳・目で覚えてください。

 

ご予約・お問い合わせ

https://www.instagram.com/edgy_violet/

 

 

英語力=単語力

f:id:private_salon_edge:20170726181534j:image

こんにちは。

 

今回は、英語力=単語力についてです。

 

もうタイトルが結論です(笑)

 

英語力とは単語が8割、9割、といっても過言ではありません。

 

文法は繋げないと一つの意味を成しませんが、単語にはそもそも一語で意味が含まれており、言いたいことを言おうにも、その単語が分からなければそもそも文法の知識など意味がありませんよね。

 

例えば

「見下す」という意味の単語を知らないとします。で、文法を使い「見下す」よりは比較的簡単な英単語で「見下す」を伝えるとすれば、

 

to behave as if one is conscious of descending from a superior position, rank, or dignity.

 

となります。↑もはやこの中にもいくつか難易度が高めの単語がでてきてしまっていますね。

 

ですが、"condescend "「見下す」

この単語一つ知っていれば、上の様なややこしい文法を使った言い回しをしなくても一発で伝えることができます。

 

結局1番楽しくない単語の暗記をしなくちゃいけないとなると、モチベーションが下がりますよね。やる気なくします。(笑)

 

ですが、ここでモチベーション維持や単語学習をも楽しむのに大切なのが「音」なのです。

英会話教室の上手な選び方 - EDGY VIOLETのブログ

↑(音のことを少しだけ書いています)

 

詳しい単語学習法は別で書いていきますね(^^)

 

ご予約・お問い合わせ↓

https://www.instagram.com/edgy_violet/

 

教えない-子供英会話編-

f:id:private_salon_edge:20170726171655j:image

こんにちは。写真は私がカナダの幼稚園に実習に行ったときの子供達やその親御さん達がみる自己紹介文です(^^)写真自体は約10年前くらいのものです(笑)

こちらのMontessori Bee Houseでは有名なモンテッソリ教育という教育法を学ばせていただきました。

 

モンテッソリ教育では、教師は子供達に英語(カナダなのでフランス語も)を教えることはしません。自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる子供たちに対し、私達教師は、その要求を汲み取り、何を学ぶか、どんな風に学ぶかの自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助するのです。

 

子供達はみーんな、教師が強要せずとも、自分たちで教材を選び自らで集中して学習に取り組みます。

 

今回は子供英会話編です。

 

子供に英語を学ばせるにあたってまず第1に重要なこと。それは、

 

-子供のハートに火をつけてあげること。

 

自立した学習とは子供が勝手にやる気になることです。そのために、好きなことや彼らにしかできないことを、ほんの1ミリでも掴みとることができたらそれを思い切りサポートしてあげましょう!

リアクション、かなり重要です。

私は子供英会話講師時代、終始女優スイッチを入れていました。

"Oh my god!!!!!!"

"amazing!!!"

"I love it!!!"

"You did it!!!"   などなど...

褒め言葉はふんだんに使いましょう!

惜しみなく!!目を見開いてニコニコ笑顔で何万回言ったかなって感じですが、、子供たちは私の顔を見てとってもとっても嬉しそうに学習教材をどんどん黙々と自主的に進めていくのです。

 

そして次に

 

-文法はやらない

 

幼い子供の英語学習において、文法はむしろ邪魔になります。ここで大切なのは、

「暗記」 「音読」です。

英文は、文法や構文などを考えずに丸暗記します。とにかくたくさんの英語に触れさせてあげて英語を頭の中にインプットです。子供たちはそれが文法だと知らずに自然に覚えられるのです。

 

-和訳はしない。英語力の邪魔になるだけ

 

私たちが小学生の頃から英語を学んできたやり方は、文法というガチガチのルールにはめ込みそれを訳すことで、よし、でした。

でもこれは「英語力」のみを伸ばす上の話では大きな間違いになります。

小学校英語の目的は主に、自分で考える力や生きる力を伸ばすためのもので、そこで英語はツールとしてのみ使われているだけ)

 

英文はざっくり意味がわかればそれでOK。

英語を英語で理解できる力を伸ばしてあげましょう。

 

次に大切なこと、それは

 

-教えない

 

です。

テストもしない。復習もしない。

教えることはマイナスになります。ここで大切なのは大量の暗記と音読、のみです。

 

間違えていても、指摘せず、とにかく先へ。達成感や、自信を持つことを重視してあげましょう(^^)あとは、愛され感、です(^^)♪

 

とにかく英語は教えないでください。愛をもってサポートし、子供たちのやる気や学習を楽しむ力を引き出してあげましょう(^^)♪

 

 

ご予約・お問い合わせ↓

https://www.instagram.com/edgy_violet/